10年間過食症だった私が生きづらさを卒業して人生変えた方法

【無料説明会:9月満席】「もう過食症に戻れないあなたになる幸せ体質への“逆転”プログラム」

本気で摂食障害を克服したい方を応援「がんばらないススメ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
安藤 しずき
UMIカウンセラー 安藤しずきです。 摂食障害(過食・過食嘔吐)に悩む方と回復を支えるお母さんに向けて、生きづらさを根っこから解消していく「がんばらないススメ」を発信しています。 ブロック解消と宇宙の法則、そして自身の過食症克服体験を交えて、カウンセリングやオンライン個人レッスンなど、その方にぴったりなかたちでサポートをさせていただきます。

私は18歳の頃から約10年間、摂食障害(過食嘔吐・非嘔吐過食)でした。

一度だけのつもりで、ある日嘔吐したことがきっかけでした。

「痩せたい。」その一心で。

ですが、非嘔吐もあった私は太る一方。

過食なんて、過食嘔吐なんて、いつでもやめられる。今だけ。痩せるまでの少しの間だけ。

そう思っていたのに、気づいたときにはもう抜け出せなくなっていました。

先の見えない不安な日々は本当に辛くて、生きる意味を見失っていた時期もありました。

私の人生ってこんなもの。今まで心から安心できて幸せだったことなんてないし。

そうやって諦めていたのに、今の私は、優しい夫とかわいい娘と、心穏やかな毎日を過ごしています。

こんな日が私にも来るなんて、あの頃の私が今の私を見たら腰抜かすと思います。笑

そんな私が摂食障害克服中の方にお届けする、「がんばらないススメ」です。

 

摂食障害は一生克服できない病気?

 

摂食障害の克服は難しい。

これはよく言われていることですよね。

私も摂食障害だった当時に、「摂食障害は一生治らない」といった言葉をかけられたこともありました。

「今日は過食しない!」と、意志の力で過食を止めようと思っても、どうしても食べてしまう自分に絶望するのは毎日のことでした。

それでも、治すための工夫や努力は、私なりに一生懸命しているつもりでした。

食べるものを制限たり、
食べ方を工夫したり、
運動したり、
病院に通ったり、
痩せていた頃のジーパンを部屋の見えるところに吊ったり、
食べたものを毎日メモに記録したり、
体重記録を毎日つけたり、
エステに通ったり、
置き換えダイエットをしたり・・・

本当にいろんなことをしたけれど、頑張っても頑張っても、終わりが見えない。

生きるためには「過食」という行動に頼らざるを得ないような、未消化な感情や満たされない思いを抱えてボロボロだった私の心が、無意識に、過食を手放すことに必死に抵抗していたのだと思っています。

当時は気づいていませんでしたが、過食を手放すことはそれほどに怖いことだったのです。

ですが、今の私は、摂食障害が一生治らないとは思っていません。

「克服した人がいる」という事実があるのです。

このことを、あなたはどう捉えますか?

「それなら私にもできる!」と思いますか?

「それでも私にはできない」と思いますか?

前者だったあなたは、このまま読み進めてくださいね。

後者だったあなたは、「私にはできない!」というイメージを変えたいと思いますか?

もしそう思っておられるなら、「がんばらないススメ」はおすすめです。

「がんばらないススメ」とは?の章へ

 

摂食障害を克服した私がお伝えしたいこと

 

摂食障害克服を目指しているとき私の支えになってくれたのが、ある方の克服体験談でした。

摂食障害は治るものなんだ!

普通の暮らしを取り戻している人がいるんだ!

そのことは、私に大きな大きな勇気をくれました。

今はその方のサイトを見つけることができないのですが、本当に感謝しています。

いつか私も摂食障害を克服して、私の克服体験が誰かの力になれたらいいな。

当時のその思いを、今の私は叶えることができるようになりました。

摂食障害を自己流ながら症状ストップまで回復した経験

UMIで心のことを学び、生きづらさを卒業して摂食障害を克服した実体験をもとに

私がお伝えできるすべてをここで発信していきたいと思っています。

ひとまず今日は、今まで摂食障害克服のためにいろんな手を尽くして頑張ってこられたあなたにお伝えしたいことをひとつ、お伝えさせていただきます。

もう、がんばるの、やめましょう^^

摂食障害を克服するときに、食欲をコントロールする強い意志や根性は、必要ありませんでした。

ずっと意志の力でなんとかしようとしてきたけれど、症状が止まったとき、そういうことじゃなかったんだなと体感したのです。

摂食障害を克服しようと努力しておられる方は、今まで充分頑張ってこられたと思うのです。

もう、頑張りすぎてきたのです。

克服に必要なのは、「摂食障害を克服する」と【決めること】だと私は考えています。

これが実は、できていない、できない、というケースはとても多いのです。

難しいのは克服することというよりも、むしろ【決めること】かもしれません。

ですが、決められないのには、ちゃんと理由があります。

理由があるので、対処することができます。

たとえ時間がかかっても、克服したいという思いがあれば大丈夫。私はそう信じています。

これから日々、「がんばらないススメ」をいろんな角度からご紹介していきます。

どこか拾っていただけるところがありましたら幸いです。

※UMIとは

 

摂食障害克服中の方に贈る「がんばらないススメ」とは?

 

摂食障害に悩んでおられる方の多くは、その症状だけでなく、様々な生きづらさを抱えて辛い思いをされています。

「がんばらないススメ」では、

生きづらさを根本解消していくことによって、【ストレス解消のための過食】【満たされない心を埋めるための過食】に頼る必要がなくなっていく、そのためには頑張らない方がうまくいく、ということを私の体験やUMIの視点からお伝えしていきます。

生きづらさを解消していく手法としましては、

潜在意識にある自分のイメージ(私は愛されない、価値がない、理解されない、など)をプラスに書き換えていく

意識の法則(宇宙の法則)で現実が変わる仕組みを理解し、意識の出し方を変えていく

この2つのことを実践するだけ、です。

さきほどの「私にはできない」というのも、潜在意識にある自分のイメージです。

これは、変えていくことができます。

 

この生きづらさ解消法は、非常にシンプル。だけど、とても奥が深いのです。

私自身、UMIを学ぶ中でこの2つをひたすら実践していったところ、

今までの常識がひっくり返り、

愛されていないと感じていた過去もひっくり返り、

人生丸ごとひっくり返りました。

不幸体質で生きるのが下手だった私が嘘のように、楽ちんで幸せを感じることができる毎日を手に入れたのです。

先のことばかり考えては不安になって、心配ばかりしていた私が、今は、

「何が起きても、大丈夫。」と、無理なく自然に、思えているのです。

こんなふうに思えるようになったのは、私がUMIとの出会いでもらった一生もののギフトです。

「がんばらないススメ」は、意志の力・根性・努力、そういったものを使って食行動を変えるのではなく

【意識(潜在意識と顕在意識)を変えること】によって生きづらさを根本解消していくことで、摂食障害の克服を心の面からサポートします。

 

まとめ

 

摂食障害の克服法は、1つではありません。

いろんな方法がありますが、どれも正解です。

それが、あなたが「これだ!」と思うものなら^^

あなたが克服を諦めなければ、そんな出会いがきっとあると、私は思っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
安藤 しずき
UMIカウンセラー 安藤しずきです。 摂食障害(過食・過食嘔吐)に悩む方と回復を支えるお母さんに向けて、生きづらさを根っこから解消していく「がんばらないススメ」を発信しています。 ブロック解消と宇宙の法則、そして自身の過食症克服体験を交えて、カウンセリングやオンライン個人レッスンなど、その方にぴったりなかたちでサポートをさせていただきます。

- Comments -