【無料メール講座】過食症克服経験者がお伝えする「あのときこうしてほしかった」7つのこと

※ご登録も解除も 簡単にできます。

 

こんにちは。安藤静希です。

過食症のお子さまをもつ お母さまのための無料メール講座

過食症克服経験者がお伝えする「あのときこうしてほしかった」7つのこと

にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

 

このメール講座にご興味をお持ちいただいたということは、

お子さまが摂食障害になったことに責任を感じておられたり、

お子さまの気持ちを理解できずに苦しい思いをされていたり、

病院に行ってもカウンセリングを繰り返しても、これといった変化が感じられずにどうしていいか分からなかったり、

お子さまの過食症卒業を支える中でお悩みをお持ちなのかもしれませんね。

 

このメール講座は、過食症だった私と母とのかかわりを具体的な事例と共にシェアすることで、

お子さまの心境の理解ができるようになるだけでなく、お母さまの心が楽になれたら という思いで作りました。

 

 

いくら大切なわが子であっても、その大切な子がいくら苦しい思いをしていると分かっていても、

買っておいた食材が片っ端からなくなっていたり、

お手洗いに長時間こもってしまったり、

声をかければ機嫌の悪い態度やネガティブな言葉ばかり・・・

こんなことが毎日毎日続けば、お母さまだって苦しいのは当然です。腹が立つのも自然なことだと思うのです。

 

「お子さまの過食症卒業を【本当の意味で】サポートするためにも、まずお母さまの苦しみをなんとかしたい。」

 

私は過食症の元・当事者で、“過食症の子を持つ親”の立場になったことはありません。

ですが、”過食症の子を持つ親”を、何年も近くで見てきました。

過食症の当事者の方と関われば関わるほどに、「お母さまが楽になれるサポートをしたい」という思いは、私の中で日に日に強くなってきました。

 

もしもお母さまが、これまで、

「子どもの過食症を治すため」

「症状を少しでも軽くさせるため」

「子どもを苦しみから救うため」

に行動したり、お子さまへの声掛けをしてきたのだとすると、思ったような結果にならないことが多かったのではないでしょうか。

 

私がいつも、過食症に悩むご本人にお伝えしていることがあります。

「私が私を幸せにする」という覚悟を持とう ということです。

 

では、お母さまはお子さまに対してどう関わっていけば「本当の意味で」のサポートになるのでしょうか。

そのヒントを、具体的な事例と共にお届けしていきたいと思っています。

※ご登録も解除も 簡単にできます。

 

私は、過食症克服経験者です。

18歳の頃から約10年、ほぼ毎日の過食・過食嘔吐と、その後3年ほど再発不安の日々を過ごしました。

そして13年に及ぶ過食症を卒業した今、

過食症を卒業した経験と、脳と潜在意識の仕組みに基づいた独自の過食症卒業ノウハウで、

過食症を本気で卒業したい方のサポートをさせていただいています。

 

そのサポートをさせていただく中で、度々感じることがあるのです。

「ご家族のサポートが加われば、さらに過食症卒業はスピーディに実現するのではないか」

ということです。

というのも、私が過食症だった頃のこんな体験があるからです。

 

私の母は、金銭的にも精神的にも負担を負いながら、何も言わずに近くで支えてくれていました。

いつも心配しながらも、見守ってくれていました。

時にはチクリと、耳の痛いことを私のために言ってくれていました。

 

そんな母に対して、

「私がほしいのは、それじゃない!!」

と、私はいつもいつも、感じていたのです。

 

そして、その満たされない心を過食で埋めようとして

でもやっぱり食べ物では埋まらなくて・・・

そんなことを、何回、何百回、繰り返してきたかわかりません。

 

当時の母のどんな言葉も、どんな行動も、私が求めるものではなかったのです。

それでも、母は母なりに、私のことを考えてくれているということは痛いほどわかっていました。

母には、感謝も、申し訳ない気持ちも、もちろんある。

でも、心が「違う!」と訴えるのです。

 

こうなったのには、母と私の間の【意識のやり取り】に原因がありました。

過食症からの卒業を目指す方のサポートをさせていただく中で、当時の私と同じように、

ご本人とお母さまとの【意識のやり取り】が

「過食症を卒業する」という方向に向かいづらくさせているケースに出会ってきました。

 

ですがそのようなケースでも、お母さまはお子さまの幸せをただただ願っているのです。

でも、そのただひとつの願いが、お母さまの思うようには届いていない。

 

これって、お子さまにとってもお母さまにとってもとても苦しいことだと思うのです。

「どうしてわかってくれないの」と、お互いがお互いを、そして自分を、責めてしまう。

 

でも実は、お子さまと関わるときに【たったひとつのポイント】を抑えるだけで

お子さまの過食症卒業の背中をしっかり押すことのできる関わり方ができるようになるのです。

7日間にわたり、「あのときこうしてほしかった」と私が思っていた具体的な事例と共に

過食症卒業を後押しするお子さまとの関わり方をお伝えしていきます。

 

【1日目】摂食障害になったのはお母さんのせいだ!

【2日目】母のどんな言葉にも反発していた理由

【3日目】私が一番言われたくなかったこと

【4日目】私が一番腹が立ったこと

【5日目】親から離れて分わかったこと

【6日目】私を許して

【7日目】お母さんには笑っていてほしい

この7日間の無料メール講座を通して【たったひとつのポイント】を掴むことができれば、

お子さまの過食症卒業のサポートができるだけでなく、お母さまがとても楽になることができます。

 

私の13年を振り返り、

過食症を経験した当事者だからわかること、過食症を卒業した今だからわかることを

心を込めてお届けします。

 

1日でも早く、

1人でも多く、

過食症からの卒業が叶い、幸せな時間が増えますように。

 

このメルマガは簡単3ステップで登録できます!

①お名前、メールアドレスを登録
②登録確認メールが届く
③登録確認メールの「本人確認のためのリンク」をクリック!

以上の3ステップで無料メール講座のご登録が完了いたします。

配信解除のお手続きも簡単です。

*必ず、登録確認メールを開封いただき、「本人確認のためのリンク」をクリックしてください。本人確認を持ちまして、ご登録完了となります。

 

※ご登録も解除も 簡単にできます。

 

メール講座でお会いできることを楽しみにしています。

安藤静希

Copyright© 「過食症卒業プログラム」過食症専門カウンセリング&レッスン , 2019 All Rights Reserved.